パピヨン「りく」とのハッピーペットライフ

パピヨン

ペット


           

   パピヨン「りく」とのハッピーペットライフ




  「ペットは家族」とよく聞きます。まったくそのとおり。
  家族というより、私にとっては、犬の
パピヨンになりましたが、
  パピヨン「りくは」4人目の子供同然。


  家に帰ると、私の元へ一目散、帰宅の挨拶、顔中ペロペロ
  なめてくれます。
  私もうれしいですね。寝顔を見ると、かわいくて、心癒されます。

  あれは、平成12年。誰からともなく、「犬飼いたいね・・・」
  それからは毎日犬のことが頭から離れません。
  でもそのとき住んでいたマンションは、ペット禁止。


  みんなの「ペット飼いたい症候群」は強くなるばかり。


  よしマンションを替わるぞとすぐに決め、ちかくのへ本屋さんへ。
  マンション情報を見ていたら、すぐ近所にありましたありました。


  即近くのペット可マンションへ引越し。
  【信じられないほど、すばやい行動でした。

  本を買ってきて、どの種類の犬にしようか家族会議。  
  この時間が楽しい。

  色々検討の結果、パピヨンと、チワワが最終的に残り、
  凛々しくかっこよいパピヨンにすることになりました。

  そして、いくつものペットショップ、
  ブリーダーを回って、一匹見つけたのが、
  全身真っ白なパピヨン。

  やっぱり茶色の模様がないとつまらない。
  また元気もなさそうだし。
  そのパピヨンはやめることにしました。

  そしてやっと決まったのが、
  今の「りく」です。動きが軽やかで、
  子犬の癖に堂々としていました。
 
  
  実はこれがいろんな事件の始まりでした。

   うちのパピヨン「りく」は、通常本で紹介されている性格とは
  違って、【「パピヨンの特徴と歴史」の中で紹介をします】
  大変ユニークな犬です。

  やんちゃどころか、荒々しく頑固。
  色々問題を起こしてくれます。「デキの悪い子ほどかわいい」と
  申しますが、「りく」もその一人・・いや一匹。
  「このバカ犬」といっていましたが(すまん、りく)、
  本当はかわいくてしょうがないのです。


   写真見るとわかるでしょう?かわいい顔というより、野生的で、
  人間で言えば、「ワル」顔に、なりますかね〜。

  本当に、色々ありました。
  格闘もしました。しつけで悩んだこともありました。
  まだ問題も、たくさんあります。

  でも散歩をしているときは最高に幸せ。
  私も色々なことを考えながら、自由な時間をすごせますし、
  「りく」もいつも散歩を心待ちにしているのです。

  なんといっても、散歩で私が得をしたことがあります。
  中年でおなかが出てきた人必見。

  なんと散歩をしていて、1ヶ月くらいたった頃、私の体の変化が
  起きました。
  ジーパンが以前よりゆるくなったような気がしました。

  帰っておなかをしげしげ覗くと、なんとおなかのでっぱりが
  少なくなっている。
  散歩は、おなかが引っ込むのだ!
  次第にほとんどおなかのでっぱりが気にならなくなりました。
  おなかの出ている人は、犬を飼って散歩をしましょう。


  ただ、よく散歩に連れて行ったり一緒に寝ているのは次男に
  なっています。
  
  ボスの地位と、ウエストが危ない!。嫉妬・・【笑】

  でも家庭はそれでうまく言っているし、パピヨンの「りく」も
  心身安定しています。

  そんな、「りく」エピソードを中心に、ペットに関する、情報も
  ご紹介させていただこうと思います。
  ごゆっくりお過ごしください。


  

「りく」です
 
パピヨンとのハッピーペットライフ TOP 
パピヨンの特徴と歴史
パピヨン「りく」のプロフィール
ペットとの生活【蝉事件と脱臼】
ペットの噛み癖事件
ペットと森林公園へ
ペットと添い寝
親友のペット、シーズーのプリンちゃん
ペットのマナー
ペットのしつけ
ワンちゃんユニーク写真集
 
 
LINK LINK  相互リンク募集中
管理人・プライバシーポリシー
 
 
Copyright (C) 2005 パピヨン All Rights Reservedパピヨン・ペット